おはようございます!

 

ぐらっとんの齊藤です!

 

9月28日オープンを控え、日々暴れております!

 

あはははは(笑)

 

 

 

昨日、石狩市望来の宮本さんご夫婦に会ってきました。

 

農業を始められて40年。

 

お父さんもお母さんも、ご実家が農家で、小さい時から、畑、田んぼの中で育ったそうです。

 

最初、お父さんだけに会って、「俺、やおややるからまた来るね!」ってお話をさせて頂きましたが、

 

その時も、優しくお米の話をしてくれ、「一度、うちのお米を食べてみな。」とお土産をくれましたが、

 

その時の言葉を覚えていますが、

 

「こうやって話しても、どうせ仕事にならないんだよね。」と、お父さんに話され終わりました。

 

しかし、お店が決まり、名刺を持っていくと、

 

「本当に来たんだね。」と言ってくれました。

 

「約束守ったよ!お父さん!」、思わず言葉にしてしまいました。

 

そして、お母さんを交え打合せが始まりました。

 

お父さんは優しくお話をするのに対し、

 

お母さんは元気いっぱい真っ直ぐにお話してくれるタイプで

 

チャキチャキな方です。

 

「潰れたら、どうもこうもないんだから。」って言いながら、いっぱいアドバイスをしてくれます。

 

本当に、優しさと、リアルな厳しさを教えてくれるご夫婦です。

 

 

 

 

お二人は、「他にないものを!」という目線で物作りをされているそうです。

 

詳しいことは、時間をかけてゆっくり教えて頂こうと思いますが、

 

お米、小麦をお父さんが、お野菜はお母さんが担当しているそうです。

 

「他にないものを!」本当に、落ち着くことなくチャレンジを繰り返しているご夫婦です。

 

そして、この石狩市望来という土地を愛し、本当にいい環境の中で農作物を育てる誇りを強く持たれています。

 

たまには、ケンカもするそうですが、

 

「他に誰とケンカするのさ!」ってお母さんも笑っていうぐらい仲良しなお二人です。

 

打合せ中も、札幌から、一度食べた野菜の味が忘れられないと、直接買いにきたお客様もいらっしゃり、

 

そこでもお母さんは、「せかっく私が食べようと思って、取っておいたのに。」と笑いながらお話する

 

お母さん。ファンもいっぱい。

 

 

 

 

お米は、ゆめぴりか、ななつぼし、

 

お野菜は、ピュアホワイト、じゃがいも、かぼちゃ、たまねぎ、パプリカ、なす、ピーマン

 

を作られています。

 

オープンの際も宮本さんのお野菜も並びますのでご期待ください。

 

広ーい田んぼをバックに、

 

 

 

石狩市望来 宮本さんでした。